ユノ愛読書!日本語翻訳版「あやうく一生懸命生きるところだった」

だっ た あやうく 一生 生きる ところ 懸命

⌚ だから一流大学や一流企業に人は殺到する。 訳書に『Paint it Rockマンガで読むロックの歴史』(DU BOOKS)など 岡崎暢子(オカザキノブコ) 韓日翻訳・編集者。 競争とは違う場所で生きるのもアリだよねという考え方 前述したように、この本の著者のハさんは韓国の方なんだけど、これ読んでて思ったのは 「日本人も韓国人も生きづらさとか悩むところって変わらんのだな」というところ。

4

韓国で25万部ベストセラー。40歳手前から始める「がんばらない生き方」

だっ た あやうく 一生 生きる ところ 懸命

🎇 そんなときに、やさしいこの本の言葉が響くのかなと。

10

有安杏果が今伝えたい「立ち止まる勇気」

だっ た あやうく 一生 生きる ところ 懸命

😃 まぁ、人間だし、同じ東アジアで資本主義社会で社会の構造も何となく似てる国だから当然っちゃ当然なのかもしれないけど。

『あやうく一生懸命生きるところだった』一生懸命生きようとしてなんかしんどい人は読んでみて

だっ た あやうく 一生 生きる ところ 懸命

☺ で、こう言うことを書くと「いやっ、競争は社会に必要だろ。 見るだけで肩の力が抜けました。

11

『あやうく一生懸命生きるところだった』生き方に苦しんでいるアナタに贈りたい。必死に生きない人生の指南書

だっ た あやうく 一生 生きる ところ 懸命

🖕 私は感銘を受けず。

「6月病」にならないために、脱力のオススメ本6選~好書好日掲載記事から~|好書好日

だっ た あやうく 一生 生きる ところ 懸命

😅 露骨に格差を見せつけられる韓国社会の中で、 このように「ありのまま、今のままでいいんだよ」 と伝えてくれる本は、 多くの読者を癒したのではないでしょうか。 他の人には合ってるかもしれなけど、自分はそうとは限らない。

6

【書評・感想】『あやうく一生懸命生きるところだった』ハ・ワン

だっ た あやうく 一生 生きる ところ 懸命

📲 なぜなら、どのみち、のんびり型だから。 若い世代にとって、個人の努力だけではどうにもならない時代なのに、上の世代から「努力が足りない」と責められます。